体験授業のお知らせ Click!

数学は才能か?

広陵町 個別指導

数学の得意不得意は才能か?

というはなし。

 

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]まいどー!講師歴10年、坊主歴8年、東大卒のじゅくちょー吉井です。[/word_balloon]

SNSを見ていて、

中学生、数学は苦手な子でも伸ばしやすいが、一定水準まで上がったら、そこから上の応用問題は伸ばしにくい。

ついつい「才能」という言葉が出てしまう。

というのを見たのでそれについて、私見をば。

 

応用問題というのも、

基本にちょっと毛の生えたような問題もあれば

いろいろですが。笑

 

 

応用問題を解けるようになるまでのステップとして

①基本事項を理解し、使えるようにする。

②基本事項を組み合わせた簡単な応用問題を解けるようにする。

③逆算的な思考をできるようにする。

④状況や変化を観察し、法則化できる。

 

とまあこんな感じで、

①は定期テストで80点ぐらいを取る力。

②は定期テストの最後の方のちょっと難し目の問題を解く力。

並びに公立入試で80点ぐらいを取る力。

③は難しいと言われる問題に対し方針を立てる力で、

④は試行錯誤などを通して、状況を把握する力。

 

③④は俗にいう考える力と言うやつ。笑

 

 

たぶん②と③のあたりの力を伸ばす方法が

うまくいかないので、

才能という言葉を使うんだろうけど、

これは①の指導の仕方を間違うと

なかなか伸ばせない。

 

というのも、②③をするのに、

どうしても言語化が必要になるから。

 

答えを求めるには、○がわかる必要があって、

○を出すには、□から△して、・・・

 

という感じで。

 

この言語化するための準備を①でしておくことが大切。

①で解き方だけを身に着けさせる・覚えさせるような

指導をしちゃうと、

あとでこまるのよね。

 

 

こういうことも含めて、

うちでは数学は教科書をベースにした学習を進めている。

上の世界にもチャレンジできるように。

 

教科書には、

なぜ・どうして、どういうことか、だからどうなの

が丁寧に言葉で書かれているから。

 

 

まあそういう意味で、

数学で必要な才能というのは伸ばしていけると思う。

けど、それどころじゃない子も多いから、

才能がいると言うしかないときもあるかも。笑

 

才能って、いい響き。

 

PS.

こうやって文章化していくのはいいですね。

思考が整理される。

質問等があればお気軽にコメントください。

 

 

[word_balloon id=”unset” src=”https://qoojuku.com/wp-content/uploads/2020/07/372285.png” size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” name=”じゅくちょー” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]今回はこのへんで、失礼しま〜す![/word_balloon]

↓↓↓お問い合わせはこちらから↓↓↓

お問い合わせ

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]twitterInstagramFacebookもフォロー・いいねお願いします。[/word_balloon]

LINEからのお問い合わせはこちらから

友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次