体験授業のお知らせ Click!

算数のひらめき-小学校・文章題・速さ

算数の速さ分野の文章題を解いていた小5女子が

ひらめいた話。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]まいどー!じゅくちょー吉井です。[/word_balloon]

 

うちの算数では生徒が問題を解いて、

それを先生のところに持って行き、

チェックを受け、数問について口頭試問を受けるシステム。

 

問題を解き終わった小5女子がスタスタと向かってくる。

「おー終わったか?」

「これとこれできました」

「どれどれ、んじゃこれはどうやって解くの?」

と、解けたという問題について、解き方を説明させる。

これがクリアできて合格だ。

 

なにやら自信ありげなことだけがわかる。

 

確か問題はこんな感じ。

「家から560m離れた公園へ、兄と弟は同時に出発した。兄は分速70m/sで、弟は分速60m/sで進む。兄が公園に着いた時、弟は公園の何m手前にいるか。」

 

一般的には、

「兄が公園に着くまで560÷70=8分かかり、弟も同じ時間だけ進むので60×8=480m進むことになり、兄と弟の進んだ距離の差は560-480=80」と考えて解く。

先週この問題を解けなかったこの子には、こんな説明をした。

 

それがこの子の説明は違った。

「1分たったら兄と弟は10mの差がついて、兄が公園に着くまで8分かかるから、10×8=80mの差がつく」

 

エッ!

 

そんな解き方は教えていない。

相対速度の概念を使った解き方だ。

 

「おー、どうした。ええやん」

と素直に驚く俺。

「なんかひらめいたー!」

と、満足げな顔。

 

 

先週の時、消しゴム2つを使って兄と弟に見立て、動きを解説していたのを思い出したのかもしれない。

それが頭の中にイメージとしてあり、それを使って考える(言語化)することで、答えを導いたのだと思うけど、

あっぱれ。

どす。

 

考えて問題を解けた時の快感を感じてもらえたかな。

 

算数同好会に足を突っ込んでしまった小5女子の話でした。

 

 

[word_balloon id=”unset” src=”https://qoojuku.com/wp-content/uploads/2020/07/372285.png” size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” name=”じゅくちょー” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]今回はこのへんで、失礼しま〜す![/word_balloon]

↓↓↓お問い合わせはこちらから↓↓↓

お問い合わせ

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]twitterInstagramFacebookもフォロー・いいねお願いします。[/word_balloon]

LINEからのお問い合わせはこちらから

友だち追加

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる