体験授業のお知らせ Click!

アルファベットの書き方の指導

最近、英語を教え始めた小学生の話。

アルファベットを書けるかどうかチェックしたら、

「ありゃー?!」という話。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]まいどー!じゅくちょー吉井です。[/word_balloon]

「よし、今日から英語をやりだそか」

「はい」

「アルファベット書ける?」

「はい」

「書いてみ?」

「えい、びー」

「オッケー。終了。アルファベットの書き方から勉強を始めよう。」

 

というのも、

bを6の書き方で書いています。

この調子では英単語が覚えられません。

 

 

通常、英語が苦手な子が生まれる流れはこんな感じです。

①アルファベットが綺麗に書けない。

②単語が覚えるのに時間がかかる。

③代名詞があやふや。

(以下省略)

 

大概こんな子が多い。

そして、①→②→③と順に影響を与えるから、タチが悪い。

 

特に男子。男子はいい加減で、字が汚いのが多い。

サイズもバラバラな子が多い。例えるなら、

baseball

baseball

みたいな感じで、書いてしまう。

 

これでは単語のつづりが覚えにくくてしょうがない。

単語を覚えるのに時間がかかると、

文法知識まで頭が回らなくない。

 

そのうち、パンクし、ゲームオーバーとなる。

 

 

まあとりあえず、しっかりアルファベットを書けよう指導しまする。

 

[word_balloon id=”unset” src=”https://qoojuku.com/wp-content/uploads/2020/07/372285.png” size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” name=”じゅくちょー” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]今回はこのへんで、失礼しま〜す![/word_balloon]

↓↓↓お問い合わせはこちらから↓↓↓

お問い合わせ

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]twitterInstagramFacebookもフォロー・いいねお願いします。[/word_balloon]

LINEからのお問い合わせはこちらから

友だち追加

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる