体験授業のお知らせ Click!

言葉がうまく使えない辛さ

自分の言いたいことがちゃんといえない・・・。

相手が何を言っているかわからない・・・。

 

言葉がうまく使えない辛さってある。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]まいどー!講師歴10年、坊主歴8年、東大卒のじゅくちょー吉井です。[/word_balloon]

 

まあ昔の話なのですが、1年ほど留学したことがあるんですね。

アメリカのロサンゼルス。

 

その時感じたのが、これなんです。

自分の言いたいことがちゃんといえない・・・。

言っていることがわからない・・・。

 

当時はどうすれば英語がうまくなるのかもあまりわかっていなかった。

まあとりあえず辛いわけですね。

 

 

挨拶はできるけど、そのあとの言葉が続かない。

なんというかね・・・。

 

 

 

程度の差こそあれ、

成績が低迷している生徒はこれですね。

英語ではなく、日本語で起きている。

 

 

気持ちがわかります。

 

 

算数で使う言葉の意味やその使い方がわからなかったら

算数が苦手になるし、

英単語の意味やその使い方がわからなかったら

英語が苦手になるし、

算数がわからなかったら、

理科の計算のところがわからなくなるし。

 

全て言葉が原因。

 

学力不振の根本原因はコレであることが多いかな。

 

これって、子供が小学生ぐらいなら治しやすいんですね。

時間もあるし、学習内容もまだ易しいからテストの結果に反映しやすい。

ただ中学生ぐらいになると、ちょっと時間がかかりますよね。

 

ただ教えていけば徐々に変わって行きますけどね。

 

[word_balloon id=”unset” src=”https://qoojuku.com/wp-content/uploads/2020/07/372285.png” size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” name=”じゅくちょー” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]今回はこのへんで、失礼しま〜す![/word_balloon]

↓↓↓お問い合わせはこちらから↓↓↓

お問い合わせ

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]twitterInstagramFacebookもフォロー・いいねお願いします。[/word_balloon]

LINEからのお問い合わせはこちらから

友だち追加

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる