体験授業のお知らせ Click!

三単現のS

ケアレスミス。

それは、注意(ケア)が足りなかった(レス)些細な間違い(ミス)ではないことが多いという話。

「中3生でもつけ忘れる子が多い三単現のs」編。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]まいどー!じゅくちょー吉井です。[/word_balloon]

先日にひきつづき、中3生に英語を教えていた時の話。

 

“Tom speaks English.のTomを尋ねる疑問文を作ってください”

といったところ、

Who speak English?

 

「これでオッケー?三単現のsはいる?いらない?」

「んー」もぞもぞ。

「そもそも三単現のsはどういうときにつける?」

「三人称、単数、現在の時です。」

「”何が”が抜けているね。」

「”主語が”です。」

「では、”三人称”とは?」

「・・・」もぞもぞ。

「三人称という言葉の意味を説明できなければそりゃわからないね。」

 

三単現のsとは、

主語が三人称かつ単数で、時制が現在の時に動詞につけるsのこと。

 

これぐらいのことをきっちり言えないと、ミスが起こる。

 

そして、三人称とは何か。ということもしっかりわかってないとね。

「彼とか彼女とか」という返事ではダメ。

きちんと、「一人称と二人称以外」と答えられないとだめ。

 

となると、人称という概念についての理解もいるよね。

 

となるので、基礎というのはそんなにあまいものではないのですよ。

そして、これぐらいの思考が働けば

ケアレスミスは起きないかな。

 

 

[word_balloon id=”unset” src=”https://qoojuku.com/wp-content/uploads/2020/07/372285.png” size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” name=”じゅくちょー” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]今回はこのへんで、失礼しま〜す![/word_balloon]

↓↓↓お問い合わせはこちらから↓↓↓

お問い合わせ

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]twitterInstagramFacebookもフォロー・いいねお願いします。[/word_balloon]

LINEからのお問い合わせはこちらから

友だち追加

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる