体験授業のお知らせ Click!

物語が伝えたいこと[こく丸くん]

「こく丸くん」では、毎回、名作の絵本や児童小説を
子供達に読んでもらっているのですが、
それを読む効果についての話。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]まいどー!じゅくちょー吉井です。[/word_balloon]

朗読を聴きながら本を読むこく丸くんは、
子供達の脳の発達にとってとてもいい。

目から耳からの刺激が脳を全体的に活性化してくれる。
そして、脳は使えば使うほど発達していく。
だいたい3〜6ヶ月ぐらいで効果を感じれるようになる。

ま、今回はそんな話をしたいわけではなくて。笑

絵本や児童小説の名作を読む効果について。

絵本や児童小説には、
作者がそれらを書くのに長い時間をかけてまで、
伝えたい何かがある。

例えば、「おおきなかぶ」というお話。
おじいさんが植えたかぶが大きくなりすぎて抜けなくなって、
おばあさん、犬、猫、ネズミと協力したら抜けたという話。

一人でできないことがみんなで協力したらできるよ。
そんなメッセージを伝えてくれる。

絵本や児童文学には、
勇気、挑戦、克己、悲哀、苦労、我慢、協調などなど、
子供達が成長していく上で大切なことを
たくさん教えてくれる。

これは、
家庭だけでは無理だし、
僕でもむり。

多くの人のおかげ。

 

[word_balloon id=”unset” src=”https://qoojuku.com/wp-content/uploads/2020/07/372285.png” size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” name=”じゅくちょー” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]今回はこのへんで、失礼しま〜す![/word_balloon]

↓↓↓お問い合わせはこちらから↓↓↓

お問い合わせ

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]twitterInstagramFacebookもフォロー・いいねお願いします。[/word_balloon]

LINEからのお問い合わせはこちらから

友だち追加

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる