体験授業のお知らせ Click!

個人言語①

個人言語ということばを聞いたことありますか。
個人言語という概念を理解すると、
いろいろと見えてくるという話。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]まいどー!じゅくちょー吉井です。[/word_balloon]

個人言語とは、
「ある個人特有のことばの使い方」のことです。
つまり各人が持っていることばの使い方のこと。
それは人によって様々で、
語彙、文法、発音のどれもが違ったりする。

これを他人のと調整して、
私達は会話や読み書きをしていたりする。

小学生の子供の場合は、
その個人言語は主に家庭で育まれます。
家庭で話されることばを吸収して、
子どもたち個人言語を作り上げていく。

この個人言語が優れていることを、
俗に”頭がいい”と呼んだりします。

じゃあ、
その個人言語を磨いていくにはどうすればよいか。
家庭以外での言語体験を積めばいいんです。
それが読書や勉強、そして習い事だったりするんです。

特に読書は、たくさんの作者の本を読むことで、
多くの人の言語空間を旅することができます。

当然、本を読む子は賢くなるのに
うなずけますね。

[word_balloon id=”unset” src=”https://qoojuku.com/wp-content/uploads/2020/07/372285.png” size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” name=”じゅくちょー” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]今回はこのへんで、失礼しま〜す![/word_balloon]

↓↓↓お問い合わせはこちらから↓↓↓

お問い合わせ

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]twitterInstagramFacebookもフォロー・いいねお願いします。[/word_balloon]

LINEからのお問い合わせはこちらから

友だち追加

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる