体験授業のお知らせ Click!

考えると覚えやすい。

勉強で避けて通れないのが、暗記ですね。
覚えていないと、テストで点数が取れません。

では、覚えているとはどういうことでしょう?

答えは、思い出せること。
思い出せれば、それは覚えているということです。

じゃあ、思い出すにはどうすればいいの?

もう一度考えればいいんです。
言葉の意味を思い出して、当たり前を想像する。
これをすれば思い出せます。

たぶん思い出さないといけない時には
もうすでに一度は考えた後ですので、
思い出すのも簡単です。

えっ、でも言葉の意味は覚えていないと考えられないでしょ?

そうなんです。それは覚えていないといけません。笑

でも、考えることを繰り返すと、
何回も意味を思い出すことになって、
自然と意味は覚えられたりするんです。

だから、考えると覚えやすいんです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる