体験授業のお知らせ Click!

子供基準から大人基準へ。

中学生といえば、
小学生から高校生への架け橋。

小学生は子供で、
高校生は義務教育終わり、働き出す子もいるから、
ある意味、大人でしょ。

だから、
高校生になるまでに、
つまり、
中学生の間に
大人の基準に慣れておくことが
結構大事かと思う。

ある意味、
その基準の差が
そのまま結果につながるわけ。

「テストで漢字ができませんでした。」
「最後まで覚えきれませんでした。」
には、
「覚えるまでやれ」
「覚えるまで寝るな」
になるし、

「この問題がわかりません」
という質問には、
「この問題のどこがわからんの?」
と返す。

責任感と報連相。

子供が大人基準でするのは
大変だと思うけど、
その代わり、
信頼という
何物にも変えがたい
ものを手にするわけで。

もちろん生徒の学力に応じた対応をするのだけどね。
一歩一歩大人の階段を登ってもらえば良いかな。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる