体験授業のお知らせ Click!

構造的課題

夏期に入り、様々な方々と
面談をさせていただいているのだけど、

各人の通う学校・コースであったり、
指導者・指導スタイルであったり、
によって、
良いところもあると同時に、
課題を持っていたりする。

これが
子供達の勉強に大きな影響を
与えていたりする。

そして、これはどちらかというと、
子供たちでは対処しきれない
構造的な課題であったりするから、
自然と問題が起こったりする。

基本的には
与えられた環境のもとで、
子供達は頑張っている。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる