体験授業のお知らせ Click!

卒塾生が教室に挨拶に来てくれた

今22歳だって言ってたから、
卒業してから7年ぐらいたった元生徒。

教室のドアがノックされ、
ドアを開けて見ると、
見たことのあるような
ないような
男性が一人。

「〇〇です」
一瞬、思考が止まって、
次の瞬間、
「おー」
と、一気に思い出す。

去年から警察官として働いています。
警察官になれたのは
先生のおかげです。

と。込み上げて来るものを我慢しながら、
当時のことが走馬灯のように思い出される。

宿題をやって来なすぎて
頻繁に怒っていた。
三者面談も数知れず。笑

まあ当時はコトバがわかってなかったんだよね。
伝えてもそれを咀嚼できずにいることが多かった。
だから、宿題もわからず、
めんどくさくなってたんだろうと思う。

まあそんな状態だったけど、
親御さんも見放さず、
俺も日々戦いつつ過ごし、
彼は高校へ進学し、
今晴れて
一人の社会人として
やっているみたい。

良い男だなと思った。

俺も負けないように頑張らないと。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次