体験授業のお知らせ Click!

漢字の大切さ

小学生の低学年を教えていると、

「漢字が読めないからわからない」

ということがよくある。

 

例えば、

小2の算数の問題集にのっている「時かん」の”時”をなんて読みますか?

なんて質問が小2から来るのだ。

 

漢字が読めないことが、算数の学習の妨げになっている。

意外なところで算数の学習の邪魔をしている。

 

うちの教室でも漢字は教えているが、

漢字はどんどん先取りをしていくといいと思う。

漢字が読めると、読める本も多くなる。

わかる量が増えていけば、どんどん自分の世界が広げやすくなる。

 

漢字は大切という話。

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次