体験授業のお知らせ Click!

奈良県も公立入試出題範囲減少。

奈良)公立高入試、数理社で出題範囲を縮小 国英は除外

https://www.asahi.com/articles/ASN6C7560N6CPOMB00M.html

 

とのことです。

東京都の発表に引き続き、奈良も削減みたいですね。

 

 

この記事によると削減範囲は、
特色選抜:数学「三平方の定理」と「標本調査」
一般選抜:数学「標本調査」理科「科学技術と人間」「自然と人間」、公民の「私たちと国際社会の諸課題」
一般選抜に限って言うと、身につけるのも含めて2週間ぐらいの分量かな。Qooでいうと。
私立入試もあるので、当教室ではこの削減は気にせず学んでもらおうと思う。
これらの単元を指導単元から省いたからと言って、
最終的な得点率は多分変わらないと思うし。
それなら学んでおいたほうがいいでしょ。
範囲削減より心配なのは、
とてもハイスピードで授業が進んでいること。(生徒談)
本年度はどうなるのやら。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次