体験授業のお知らせ Click!

もう一回といたら解けました

実は、こういうのが一番いけない。

 

 

わかっているから、とける。

これはOK。ふつう。

 

 

わかってないから、解けない。

これもOK。じゃあ、わかれよ、または教えるというだけの話。

 

ただ

もう一回といたら解けました。

 

これは、この問題を正解するかどうかは、運だということ。

ちょうどサイコロを振って、

偶数が出たら○。

奇数が出たら✕。

みたいな感じ。

 

 

特に計算に多い間違い。

どこに原因があるかと言うと、

意味がわかっていないこと。

 

昨日あったのが、

6-7+8の計算の答えを

−9にしていた。

7と8を足して、6から引いていた。

 

そこで、

「6-7+8はどういう意味?」

と聞くと、

「6ひく7たす8」

と答える。それは読み方。

 

じゃあ「たすの意味は?」と聞くと、

「たす?」

とそれを説明する言葉が出てこない。

ここに原因がある。

 

 

「たす」の意味は中学生なら、「そこから」という意味。

つまり、「+8」とは

「そこから8進む」と言えないといけないのよね。

 

 

こう考えると、

6-7+9は

「6から7戻って、8進む」

ってことになるから、

どう考えても、7+8という計算はしない。

 

 

まあ全体の概念をしっかり理解しておかないと、

こうなる。

 

こたえだけ出せればいいという感じで教えられてきたのだろうね。

少しずつ修正していこう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次