体験授業のお知らせ Click!

算数・数学の面白さ

算数・数学の面白さ 香芝市 広陵町 五位堂

算数や数学って面白かったんだな。

再び気付かされた話。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]まいどー!じゅくちょー吉井です。[/word_balloon]

とあるこの個別指導をしていて、次の図形の内角の和を求めよ。

算数・数学・香芝 広陵町

 

という問題が出てきたんですが、

その子が

180×3=540

と解こうとしたわけです。

 

「おい、ちょっと待てよ。」

 

確かに五角形の内角の和は下のように

五角形の内部に三角形(内角の和は180°)が3つあるので、

それでいいわけなんですが、

算数・数学の面白さ 香芝市 広陵町

さっきの図形は五角形か?同じように解けるのか?

という疑問が残るわけですね。

ただ、物は試しです。

 

「こんな凹んだ形にも多角形の内角の和の性質が成り立つのかな?」

「いや、わかりません。」

「じゃあとりあえず計算してみようよ」

「はい」

・・・

「おー答えとあってる。すげー」

って生徒と一緒になったわけです。

 

僕たち、いや僕の頭の中では

多角形の内角の性質は、

凹んでいない多角形でのみ成り立つ

と思っていたのが、

実はそうではなかった。

凹んだ多角形でも成り立つのだ。

 

そこで、僕の頭の中の常識が

壊される。そして、発見がある。

 

こういうところが面白いんですね。

 

じゃあ、次は

なんで凹んだ多角形でも同じ性質が成り立つのか

という疑問が湧いてくる。

 

 

 

読んでいる皆さんもここでちょっと考えてくださいね。

なんで凹んだ多角形でも同じ性質が成り立つのか、を。

簡単かな。笑

 

 

 

その時はわからなかったのですが、

3日ほど経ってわかりました(放置)。

 

よく考えたら、同じなんです。発想が。

算数・数学の面白さ 広陵町 香芝市

そりゃそうだと。

180×3

で求められることがしっくりきますね。笑

 

これで、多角形の内角の和の性質が

凹んでいる多角形でも成り立つことが示されました。

 

おー納得。笑

 

まあこんな感じで、算数や数学を勉強してくと

面白いんですよね。

 

良い点数が取れた、できるようになった、とかいう面白さではなく、

算数や数学の学問的・本来的な面白さ。

 

そしてこんな風に算数や数学は、人を魅了し、発展してきたんですね。

うまく伝わったか不安ですが。笑

 

[word_balloon id=”unset” src=”https://qoojuku.com/wp-content/uploads/2020/07/372285.png” size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” name=”じゅくちょー” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]今回はこのへんで、失礼しま〜す![/word_balloon]

↓↓↓お問い合わせはこちらから↓↓↓

お問い合わせ

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]twitterInstagramFacebookもフォロー・いいねお願いします。[/word_balloon]

LINEからのお問い合わせはこちらから

友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次