体験授業のお知らせ Click!

定期試験と公立高校の一般入試の得点率は同じになる

奈良県公立高校

得点開示の結果を例年見ていて、

うちの塾の場合は、

定期試験の得点率と一般入試の得点率はほぼ同じになるような気がするという話。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]まいどー!じゅくちょー吉井です。[/word_balloon]

 

感覚的になんですが、

定期テストの得点率と公立高校の一般入試の得点率は大体一致する

のではないかと思っています。

特にうちの場合。

 

前の記事で書いた〇〇高校に主席合格(?)の子も、

定期試験では5教科合計が420〜430/500ぐらいをうろちょろしていました。

大体得点率は85%ぐらい。

一般入試でも213/250なので

これも得点率は85%。

 

試験の結果というのは、

その試験に対してした勉強のアウトプットなので、

もし問題のレベルが同じぐらいの場合、

同じような質で勉強したのなら、

同じような得点率になると思うんですね。

 

そして、定期試験と公立高校の一般入試は、

基本的には両方とも教科書の理解度を見る試験なので、

問題が大体同じぐらいのレベルになるんですね。

 

と考えると、

定期テストの得点率と公立高校の一般入試の得点率は大体一致する

というのは当たり前なのかも。笑

 

あっ、これは中3ぐらいの得点率ですよ。

中1・中2の最初の中間試験は

インフレ(実力以上の点数が取れること)がおこるので、

もっと取らないといけませんよ。笑

 

さあ今日から定期試験に向けて頑張りましょう。

 

[word_balloon id=”unset” src=”https://qoojuku.com/wp-content/uploads/2020/07/372285.png” size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” name=”じゅくちょー” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]今回はこのへんで、失礼しま〜す![/word_balloon]

↓↓↓お問い合わせはこちらから↓↓↓

お問い合わせ

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]twitterInstagramFacebookもフォロー・いいねお願いします。[/word_balloon]

LINEからのお問い合わせはこちらから

友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次