体験授業のお知らせ Click!

傾向と対策より先に

高得点を取るには、
過去問等を分析して、
傾向と対策をしっかりして
という感じで思われる人も
多いかもしれないけど、

その前に、
まずは基本となる勉強の所作を
身につけた方がいいと思うのね。

というのも
半年ぐらい前かな。
高校の時の友達とゴルフに行った時のこと。

僕は約10年ぶりの3ラウンド目。

彼らはもうかれこれ
100ラウンド以上はこなしている経験者。
コースを知っており、
ピンまでの距離を
レーザーで測る計測器も完備している。
見た目もサマになっている。

ピンまで167ヤード。
5番で。

と打つ前に事前に教えてくれるんだけど、
まあその通りにはいかない。笑

打った後、

あーまたやってもた。
〇〇やからこうなるんよ

とわけのわからん言い訳をいう。

もうコントの世界。笑

とりあえずおもろい。

「いやいやスイングでしょ?」
と、
高校の時の友達なので、
僕も気兼ねなく
いらんことを言って
爆笑できる。笑

基本となるスイングができてないと、
コースを知ってても、
ピンまでの距離がわかっていても、
うまくいかないんだね。

これは勉強でも同じで、
きちんと素早く覚えるだったり、
正確に書くだったり、
そういう基本的な所作
ができて初めて、
傾向と対策が効いてくる。

傾向と対策より前に
習得すべきことがあるんだね。

僕の友達が身をもって教えてくれたこと。笑
学生時代の友達はいいね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次