体験授業のお知らせ Click!

過保護な指導。

うちの塾は結構、過保護な指導をしているなと思う。

 

たとえば、中1の英単語の指導においても、

普通は、先生が英単語を数回音読して、

「じゃあ、この英単語を覚えてきてね」

と次回テストをする。

 

すると、どうなるか。

いわゆる出来る子は、

いろいろ考えて覚えてくるのだが、

そうではない子は、

覚えられない。

 

覚えても、

次の日

全部すっかり忘れているなんてこともしばしば。

 

これは大げさに書いているのではなく、

本当なの。

 

これで、再テストを何回もされたら、

できない子は勉強がますます嫌いになっていく。笑

 

 

英単語を覚えるぐらいで、

変な劣等感を保つ必要はない。

 

そこでQooでは

単語を覚えるためのステップを5つにわけ、

そのステップをきちんと踏ませることにより、

単語を覚える負荷を下げている。

 

 

きちんと手順さえ踏んでくれれば、

比較的短時間で英単語が覚えられていくシステムだ。

 

かなり過保護な指導だと思う。

ただ最初はこれぐらい過保護な方がいいと思っている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次