体験授業のお知らせ Click!

あまり子供を詰めない方がいいかな。

生徒と話していて、

あーこの子、
自分を守るために会話しているな
と感じることがある。

目の前の俺と対話し、
いいアドバイス・解決策を
見つけるために会話しているんじゃなく、
単に怒られないように
話している。

そんな子に、
結構家で怒られるでしょ?
と聞くと、

はい。

と言ったりする。

あんまり言われると、
嫌になるじゃない?
そうしたら、
本当のことを話さなくなる。

そんな状態になると、
何を言っても聞かなくなる。

本当に伝えたいことがあった時に
伝えられないんだ。

その状況はよくないね。

もっと子供の話を聞いてあげてね。

10聞いて1いうぐらい。
もっというと、
1も言わなくていい。

「そっか、あなたも大変なんだね」
ぐらいでいいんじゃないかな。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次