体験授業のお知らせ Click!

一生懸命

できれば生徒には
一生懸命であってほしいと思っています。
頑張るかどうかはさておき。

頑張る、一生懸命する。

結構、同じような意味合いで、
とらえられることが多いのですが、
本質的にはかなり違いますね。

辞書によると、

頑張る(あることをなしとげようと,困難に耐えて努力する。)
一生懸命(命がけで物事をすること。)

文字どおりに解釈すれば、
頑張っても、一生懸命な奴には勝てないですよね。
懸けているものが違いますから。

また、頑張るというのは行動なのですが、
一生懸命というのは、意識とか心掛けなのです。

一生懸命な子は困難な状況を作らなかったりもします。

この違いを少しでもわかるように、
普段の指導の中で伝えていきたいと思っています。

もちろんお子さんが何に対して一生懸命するかは、
私が決めることではないので、
この点は家でよくお話されてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次