体験授業のお知らせ Click!

数学で学ぶこと。2

算数

二等辺三角形は二つの辺が等しい三角形で、
長さが等しい二つの辺を山になるように、
二等辺三角形を見たとき、
下に来る2つの角を底角と言うのよ。
それが等しくなるんだよ。

なんで等しくなるかと言うとね、
山の上にある角を半分に分ける線で
二等辺三角形を二つに分けると、
左右の二つの三角形が同じ形になるのよ。
理由はね・・・(省略)
だから、底角が等しくなるのよ。

ってな感じで話していくと、
おーって思うと思うんだ。

またこの人に分からなかったら聞こう、
ってなるじゃない?
こうやって周りからの評価が上がるのよ。
重要な人物になっていくんだね。

それで、こんな説明の仕方というのが
人に説明するときのコミュニケーションの型なのよ。
仕事とかで求められるコミュニケーション力。

これを学ぶのが数学なんだよ。
数学の教科書は全てそんな感じで書いてある。
だから、数学の教科書を丁寧に学べば、
自然と仕事で求められるコミュニケーション力はつくよ。

うちの塾が数学の教科書の指導を大切にする理由はそこ。
当然、こんな感じで説明できるようになれば
いい点数は取れる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東大・同大学院卒 農学修士。脳・身体・生物の進化とか生物系のこともろもろに興味あり。「考えるってこういうことか」と気づき、シンプルな思考を目指しています。

コメント

コメントする

目次